鳥栖工の3区森智哉(左)が杉彩文海にたすきをつなぐ=沖縄県の今帰仁村総合運動公園

 男子の鳥栖工は、2時間11分48秒の4位でゴールした。強風が吹き荒れる悪条件の中、優勝した大分東明に2分32秒差。古川昌道監督は「3位には入りたかった」と振り返った。

 選手7人のうち6人は県大会と同じ。最長区間10キロの1区を担った西久保遼が3位、続く三俣友作が2位、エース森智也が3位と踏ん張った。5区の中野駿斗も区間賞の力走を見せたが、表彰台には届かなかった。

 昨年の都大路は9位。入賞にあと14秒届かず、涙をのんだ。古川監督は「大きく崩れはしなかったが、後半も粘れるようにならないといけない」と選手にさらなる奮起を促した。

=県勢男子=

区間(距離)      選手    区間記録  累計

 【鳥栖工】

1区(10キロ)   西久保 遼 (3)30分54秒

2区(3キロ)   三俣 友作 (5)9分4秒 (2)39分58秒

3区(8.1075キロ) 森  智哉 (4)25分16秒 (3)1時間5分14秒

4区(8.0875キロ) 杉 彩文海 (7)25分38秒 (4)1時間30分52秒

5区(3キロ)   中野 駿斗 (1)9分3秒 (4)1時間39分55秒

6区(5キロ)   吉野  絵 (7)15分46秒 (4)1時間55分41秒

7区(5キロ)   戸〓 健斗 (8)16分7秒 (4)2時間11分48秒

 【白石】

1区(10キロ)   平  駿介 (2)30分47秒

2区(3キロ)   山口 大地 (11)9分16秒 (4)40分3秒

3区(8.1075キロ) 牧瀬 圭斗 (3)25分12秒 (4)1時間5分15秒

4区(8.0875キロ) 吉岡 智輝 (12)26分4秒 (5)1時間31分19秒

5区(3キロ)   川崎尚太朗 (14)9分26秒 (6)1時間40分45秒

6区(5キロ)   一ノ瀬涼太 (10)15分53秒 (6)1時間56分38秒

7区(5キロ)   山田 一輝 (15)16分17秒 (6)2時間12分55秒

 【唐津工】

1区(10キロ)   山崎晃志郎 (22)33分12秒

2区(3キロ)   楢田  寛 (23)10分0秒 (22)43分12秒

3区(8.1075キロ) 袈裟丸修也 (23)27分57秒 (23)1時間11分9秒

4区(8.0875キロ) 中村 哲汰 (21)27分31秒 (23)1時間38分40秒

5区(3キロ)   山口 孔世 (24)10分45秒 (23)1時間49分25秒

6区(5キロ)   西島 滉希 (24)17分50秒 (24)2時間7分15秒

7区(5キロ)   松本 叶夢 (22)17分8秒 (24)2時間24分23秒

このエントリーをはてなブックマークに追加