バレーボールのプレミアリーグ女子は18日、神奈川県の川崎市とどろきアリーナなどであり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)はデンソーエアリービーズを3―1で破り、開幕からの連勝を8に伸ばした。勝ち点23で暫定1位。

 久光製薬は第1セット、MBアキンラデウォの6連続得点でリズムをつかみ、25-20で先取。第2セットは先行したものの、中盤に逆転を許して22-25で落とした。

 第3セットは終盤までもつれたが、最後はWS今村優香がスパイクを決め、25-23で奪い返した。第4セットも勢いそのままに25-18で試合を決めた。

 久光製薬は19日、同会場でNECレッドロケッツと対戦する。

 ▽女子

久光製薬(23)

3 25―20

  22―25

  25―23

  25―18 1

デンソー

(9)

このエントリーをはてなブックマークに追加