新たな時代に挑戦していくことを誓う吉松校長=佐賀市の佐賀商高

 佐賀商業高校(吉松幸宏校長、716人)は18日、創立110周年記念式典を佐賀市の同校で開いた。2018年度にグローバルビジネス科が設置されることを踏まえながら、新たな時代に挑戦していくことを誓った。

 在校生約700人のほか、行政関係者や元職員たち約110人が出席した。吉松校長は「110年の伝統の中で、誇りと高い志を持って切磋琢磨(せっさたくま)してきた。グローバルビジネス科では、英語のコミュニケーション力を身につけたスペシャリストを育成する」とあいさつし、新しい時代に積極的に対応する姿勢を示した。

 2年の内山田広輝生徒会長は「野球をはじめ、さまざまな部活動で活躍してきた。周囲に信頼される学校に在籍していることを幸せに感じている。私たちも新たな挑戦をし、誠実に夢に向かって努力していきたい」とあいさつした。

 同校は1907年(明治40年)に佐賀市立商業学校として、同市赤松町で開校。22年に市から県に移管。60年に現在の場所に移転した。

このエントリーをはてなブックマークに追加