イベント▽3Dシャドーボックス アート展 和の世界&洋の世界

イベント▽3Dシャドーボックス アート展 和の世界&洋の世界

 紙を複数枚重ねて立体感を出すペーパークラフトの作品展「3Dシャドーボックス アート展 和の世界&洋の世界」が21~26日、佐賀市のギャラリー山崎で開かれる。「エレガント・ローズ教室」の代表・大坪博子さんの作品を中心に、生徒の作品を数点含め、50点以上の力作が並ぶ。

 3Dシャドーボックスは発祥地の欧州から米国に渡り、日本でも広がりを見せる工芸。印刷したイラストをはさみやカッターを使って切り取り、凹凸をつけて何枚も重ねることで立体感を生み出す。大坪さんは紙だけでなく、パールやビー玉、電飾などのアレンジを取り入れたり、和風のデザインを取り入れたりとオリジナリティーを光らせる。

 「趣味で始めたが20年も続くとは思わなかった。デザインを考えるのが楽しい。生でしか感じることのできない立体感と迫力をたくさんの方に楽しんでもらいたい」と勧める。購入や、プレゼント用のオーダーも受け付けている。

 観覧無料。午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)。問い合わせはギャラリー山崎(佐賀市川原町)、電話0952(24)2078。

このエントリーをはてなブックマークに追加