生徒たちが裁判官などの役割を担って行った模擬裁判=吉野ヶ里町の東脊振中

 吉野ヶ里(よしのがり)町の東脊振(ひがしせふり)中(三上智一校長)で9日、刑事事件(けいじじけん)を題材にした模擬裁判(もぎさいばん)が開かれました。裁判官(さいばんかん)、検察官(けんさつかん)、弁護士(べんごし)役を担(にな)った同校3年生が真剣(しんけん)な表情(ひょうじょう)で“被告(ひこく)人”を裁(さば)き、傍聴(ぼうちょう)した生徒たちは裁判員になったつもりで役割(やくわり)などを学びました。

 同校が公民分野の授業(じゅぎょう)として取り組み、主権(しゅけん)者教育の一環(いっかん)として実施(じっし)。この日は、「コンビニ強盗致傷(ごうとうちしょう)事件」をテーマに展開(てんかい)しました。

 検察官役の生徒たちは、持っていたナイフなどの物証(ぶっしょう)の写真を提示(ていじ)して「重大で悪質(あくしつ)。全治1カ月の重傷(じゅうしょう)も負わせている」と懲役(ちょうえき)6年を求刑(きゅうけい)。一方の弁護(べんご)人役からは「被告人はテレビを見ていたという犯行(はんこう)時刻(じこく)にアリバイがある。顔なども一瞬(いっしゅん)見ただけなので証言(しょうげん)は不確定(ふかくてい)」などと一貫(いっかん)して無罪(むざい)を主張(しゅちょう)しました。

 弁護人を演(えん)じた町田大雅さん(15)は「周りにもしっかりと無罪(むざい)だと伝わるように意識(いしき)した。ただ、人を守ることは難(むずか)しかった」と話し、検察官(けんさつかん)役をした藤本真司さん(15)は「滅多(めった)にできない体験ができた。裁判(さいばん)に行くことになったらこの経験(けいけん)を生かしたい」と語りました。(11日付17面)

このエントリーをはてなブックマークに追加