無補給単独歩行での南極点到達を目指す荻田泰永さん=16日、南極大陸のユニオングレーシャー基地(遠征事務局提供)

 荻田泰永さんの冒険ルート

 無補給単独で歩いて南極点を目指す北海道鷹栖町の冒険家荻田泰永さん(40)が17日午後(日本時間18日未明)、南極大陸の海岸から出発した。初日は2時間半で5・5キロほど進んだという。

 食料や燃料、テントを積んだ重さ約100キロのそりを引き、来年1月7日ごろ南極点に着く計画。成功すれば日本人初の無補給単独歩行での南極点到達になるという。

 東京にある荻田さんの事務所によると、現地の天候は晴れで、気温は氷点下12度前後。初日の行程を終えた荻田さんは衛星携帯電話で「皆さんに良い報告ができるよう、頑張って歩きます」と元気に話した。

 南極での冒険は今回が初めて。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加