窯元の煙突が見守る秘窯の里を秋色に染める木々=伊万里市大川内山

 窯元群を抱く深緑の山々が、この時季だけ赤や黄色を帯びる。伊万里市大川内山。冷たい風は、職人の繊細な絵筆のように、焼き物の里を美しく染め上げた。

 鍋島藩窯の伝統を受け継ぐ30の窯元が軒を連ねる。背後に岩山がそびえ立ち、山水画のような風景を楽しみに訪れる人も多い。北九州市から両親と来た梅野佳子さんは「石畳の落ち着いた町並みと紅葉の組み合わせが素晴らしい。いい親孝行になった」と笑顔を見せた。

 今年は山の色づきが早く、見頃はあと1週間ほど。23日には大川内山など市内の観光名所を巡る「伊万里ウオーク」が催される。申し込みは実行委員会、電話0955(23)3187。

  * * * * *

 紅葉の便りが各地から届いています。気軽に足を運べるスポットを紹介します。次回から「地域の話題」面に随時掲載します。

このエントリーをはてなブックマークに追加