不妊治療の患者を支援するNPO法人「Fine(ファイン)」(東京都)は12月3日午後1時から、福岡市博多区博多駅前のリファレンス大博多ビル11階で、不妊関連イベントを開く。妊娠・不妊の啓発や、体験者同士の交流がテーマで、同団体は「妊活や不妊治療についてしっかり考える機会にしてほしい」と話す。

 「Fine祭り2017 全国おしゃべり会special」と題したイベントは2部構成で、第1部では当事者の悩みや心との向き合い方、夫婦のかかわり方など、不妊体験者の生の声を伝える。第2部では、当事者限定で小グループでの「おしゃべり会」を開き、仲間づくりの場を提供する。不妊症看護認定看護師、認定臨床エンブリオロジスト(胚培養士)への個別相談コーナーもあり、普段、病院では尋ねにくいことや検査、治療について相談できる。

 全国6カ所の開催で、福岡県での実施は4回目。第1部の定員は40人、2部は30人を募集する。参加費は一般の場合1人千円、2人で申し込む場合は2人で千円。NPO法人Fineのホームページサイトから申し込む。問い合わせはE-mail、matsuri@j-fine.jp、ファクス03(5665)1606。

このエントリーをはてなブックマークに追加