臭いや煙が少ないため人気となっている加熱式たばこを0~1歳の乳幼児が誤飲する事故が昨年4月以降に少なくとも10件発生したとして、国民生活センターは16日、子どもの手の届く場所に保管や廃棄をしないよう注意を呼び掛けた。

 センターが大手3社の12製品を調査した結果、いずれも使用前の1本分には中毒や嘔吐(おうと)を引き起こす量のニコチンが含まれていた。従来の紙巻きたばこに比べて長さが短い製品が多く、乳幼児が誤飲しやすい形状になっているという。

 6月には1歳の女児が父親の加熱式たばこを口に入れた。急いで取り出したが、1時間後にぐったりしたため救急搬送された。昨年9月には1歳の男児が加熱式たばこを2センチほど食べているのが見つかり、直後に吐いた。

 日本中毒情報センターは「誤飲したら、すぐに受診してほしい。ニコチンが溶け出しやすくなるので、水や牛乳は飲ませないで」と求めている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加