パラダイス文書の規模

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は17日、タックスヘイブン(租税回避地)資料「パラダイス文書」の一部データをインターネットで公開した。同文書にある法人の名前やその関係者の氏名、住所などで、日本関係の法人、個人名は計千件を超す。ICIJのウェブサイトから検索可能で、情報を募りさらに調査する構え。

 パラダイス文書はメールや登記資料など1340万通にのぼる。今回の公表はそのうち、回避地で法人設立を手がける英領バミューダ発祥の法律事務所「アップルビー」の内部資料680万通のデータで、法人約2万5千が含まれる。他も準備ができ次第公開される。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加