太良町産食材がふんだんに使用された給食=太良町の大浦中

 太良町内の小中学校で10日、地元食材をふんだんに使った「たら産うまかもん給食」が振る舞われた。献立は豊かな風土で飼育された最上級佐賀牛を使った「ビーフカレー」で、生徒たちは笑顔を浮かべ、味わっていた。

 地元の産物を知ってもらおうと、町や生産者らが協力して実施している。タラファームの佐賀牛のほか、にんじんやたまねぎ、お米などを太良町で収穫されたもので賄った。ミカンはデザートとして添えられた。大浦中では岩島正昭町長らが訪れ、生徒と一緒に給食を楽しんだ。野田りんかさん(1年)は「お肉がとてもやわらかくておいしかった」と笑顔を見せていた。

 町は子育て支援の一環で小中学校の給食費無料に加え、各学期に一度、食材費を支出して地元食材を使った給食を提供している。

このエントリーをはてなブックマークに追加