棚田に10万本のヒマワリが咲き誇る「山田ひまわり園」=みやき町簑原

棚田に10万本のヒマワリが咲き誇る「山田ひまわり園」=みやき町簑原

 季節外れの秋のヒマワリが、みやき町簑原の「山田ひまわり園」で見ごろを迎えている。中山間地の棚田を活用した園内には約10万本が大輪の花を開き、来場者の目を楽しませている。30日まで。

 地区住民でつくる中山間地山田集落組合(眞子生次代表)が、休耕田の荒廃を防ごうと2001年から開いている。園内は広さ約6千平方メートル。8月下旬と9月上旬に種をまいた。真っ赤に色づいたケイトウも植えられ、黄色と赤の美しいコントラストを描いている。

 来場者は棚田のあぜ道を散策しながら、ゆっくりと観賞。盛んにカメラのシャッターを切る姿も見られた。友達3人で初めて訪れたという武藤文子さん(80)=佐賀市=は「肌寒さを感じるのにヒマワリが咲いているのは不思議な感じ」と話していた。

 会場では地元で取れた野菜やイノシシ汁などを販売、週末は大道芸もある。開園時間は午前9時~午後4時半。清掃協力金100円。問い合わせは町観光協会、電話0942(96)4208。

このエントリーをはてなブックマークに追加