簡単な遊びなどを体験してふれあった講座「パパをもっと楽しもう!」=神埼市の千代田町保健センター

簡単な遊びなどを体験してふれあった講座「パパをもっと楽しもう!」=神埼市の千代田町保健センター

 父親と子どもが一緒に遊び、学び、ふれあう講座「パパをもっと楽しもう!」が12日、神埼市の千代田町保健センターで開かれた。父親と子ども17組が参加し、簡単な親子遊びや、絵本を通してのふれあいを楽しんだ。

 

 講座は佐賀県立男女共同参画センター(アバンセ)と神埼市が主催。講師には大阪教育大学教育学部准教授の小崎恭弘さんを招いた。体を使った簡単な遊びやおすすめの絵本と、読み聞かせをする時の活用の仕方や、ふれあい方などを紹介した。

 保育士の経験もある小崎さんは「顔をきちんと見てふれあうことが大事」と「いない、いない、ばあ」を提案。参加した父親と子どもはお互いの顔を見合わせると、照れ笑いを浮かべながらも、うれしそうな表情で喜びをにじませていた。

 また、絵本を読みながら出てくる動作を一緒にしてみるなど、親子遊びを満喫していた。参加した神埼市の香月章宏さん(33)は「いろんなことを学べたので、家庭でも実践していきたい」と笑顔でふれあいを楽しんでいた。

 小崎さんは「特別なことをしなくても、親子の楽しみ方はたくさんある。子育てをおもいっきり楽しんでほしい」と伝えていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加