ブランチ佐賀さかえ会で講演した敬徳高校の稲田繁生さん=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 県内大手企業の支社長らでつくる「ブランチ佐賀さかえ会」(座長・中尾清一郎佐賀新聞社社長)が15日、ホテルニューオータニ佐賀で開かれた。敬徳高校(伊万里市)の稲田繁生理事長が、自立できる人材の育て方を説いた。

 稲田さんは同校が掲げる「倫理指数日本一」のスローガンを紹介。「才あって徳のない人が多い」と現状を指摘し、「学力だけでなく、善悪の区別がつく人になってほしい」と同校の指針を話した。

 高等教育では、社会人として貢献できる人材育成が大切とし、同校が力を入れる「人間としての五つの基礎」を説明。「あいさつや日常での敬語の使い方、自分の考えを伝える力などが身につくよう指導している」と紹介した。

このエントリーをはてなブックマークに追加