佐賀県警の警察官に今春採用され、警察学校の初任科生として入校している男性巡査12人が寮でトランプ賭博をしたとして処分を受けていたことが15日、県警への取材で分かった。県警は、単純賭博の疑いで5人を書類送検し、7人を家裁送致した。6月中旬から下旬にかけて約60回繰り返していた。

 県警によると、12人は10~20代。賭博行為を主導した20代の1人を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分としたほか、2人を本部長訓戒、3人を本部長注意、6人を所属長注意とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加