東京大学合格を目指してきた人工知能(AI)の「東ロボくん」が挑戦を断念した。問題文の意味を理解する能力に限界があり、点数が伸び悩んだという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加