(1)川崎愛美(佐賀北1年)太細や渇筆による立体感と力強く迫力のある字を書くことを目標にし、顔真卿の心情を考えながら作品を仕上げました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加