希望の党共同代表選の敗戦後、記者団の質問に答える大串博志衆院議員

 新執行部の承認が議題だった14日の希望の党両院議員総会で唐突に決まった小池百合子代表の辞任と玉木雄一郎共同代表の代表就任。一部の議員にしか知らされていなかったドタバタ劇に大串博志衆院議員(佐賀2区)は「開かれた党として違和感を覚える決め方だ。ブラックボックスと言われても仕方ない」と厳しく批判した。

 辞任に言及して壇上を降りた小池氏は司会の樽床伸二代表代行に促されて引き返し、言い忘れていたのか「玉木氏を代表に推挙します」と提案した。何の議論もなく、玉木氏の代表就任が拍手で決められた。

 「異議ありという声を上げられない状況で、戸惑いを覚えた」。拍手しなかったという大串氏は「小池氏の『推挙』には何の根拠があるのか。代表を決める両院総会は極めて重い。本来ならば事前にその趣旨を全議員に伝えた上で再度、両院総会に諮るべきだった」と問題視した。

 小池氏の辞任に関しては「創業者の責任をどう果たしたと考えているのか、今後何らかの立場でどう果たそうと考えているのか、私には不明確だった」と指摘した上で、「政治家の出処進退は本人の判断なので受け止める」と話した。

 役員人事では、農業政策に関する調査会長を打診されたが、断ったことを明かした。

このエントリーをはてなブックマークに追加