佐賀大附属中2年生の社会科の授業に参加した。テーマは「佐賀藩主鍋島直正の政策を評価しよう」。財政、教育、軍備の3グループに生徒が分かれ、それぞれの政策の特長を発表、どれが最も重要だったかを討論した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加