圓城寺珠莉さん

 圓城寺珠莉(えんじょうじじゅり)さん(桜岡小2年)は23日、小城鍋島家創設400年を記念した市民劇「永遠の月星」に出演します。

 出演は今回で2度目。幼稚園時代に初演の舞台を踏み、不思議な力を持つ妙見菩薩の役を務めました。今回も同じ役に抜てきされました。

 舞台は地域の方と出演します。稽古は平日の夜なので眠い目をこすりながらの参加ですが、稽古の合間に出演者が珠莉さんに声をかけたり遊んだりしてかわいがってくれ、みんなに会えるのも楽しみの一つです。珠莉さんのお母さんは「劇を通して地域の方々に育ててもらっていることがありがたい。演劇を通じて郷土の文化や歴史に誇りを持ってほしい」と話されていました。

 残念だったのは、出演を楽しみにしていた祖母が突然亡くなり、舞台を見せることができなかったこと。きっと空の上から見守ってくれていると信じて精いっぱい演じるそうです。本番でどのような表現を見せてくれるのか楽しみです。問い合わせは小城鍋島家Ten、電話0952(72)5324。(地域リポーター・泉万里江=小城市)

このエントリーをはてなブックマークに追加