生命保険協会県協会の碓井順会長(右から2番目)から福祉巡回車両の贈呈を受けた唐津市社会福祉協議会の山中幸光会長(右から3番目)=佐賀市の県社会福祉会館

 生命保険協会佐賀県協会(碓井順会長、16社)は8日、地域貢献活動の一環として、県内の社会福祉法人やNPO法人の計6団体に、福祉巡回車などを寄贈した。

 佐賀市の県社会福祉会館で開かれた贈呈式で、碓井会長が「寄贈する車両や機材が福祉事業や利用者の自立支援援助に役立ててもらえれば」とあいさつし、各団体の代表に目録を贈呈。唐津市社会福祉協議会に福祉巡回用の軽自動車1台を贈ったほか、障害者の就労支援に取り組む事業所5団体にミシンやエアコンなどを寄贈した。

 唐津市社会福祉協議会の山中幸光会長は「巡回する厳木地域は山間部が多く巡回車の寄贈はありがたい。地域の皆さんが安心して暮らせるよう活用していきたい」と話した。

 生命保険協会県協会の寄贈は1991年から始まり、毎年会員に募金を呼び掛け福祉法人などへ寄付を続けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加