孔子をまつる多久聖廟などの文化遺産を生かし、中国の古典文学に親しもうと毎年公募される「全国ふるさと漢詩コンテスト」の表彰式と公開講座が、多久市多久町の東原庠舎で開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加