佐賀の歴史と文化を学ぶ女性の集い(太田記代子代表)のメンバー4人が9日、佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事宛てに幕末の佐賀藩主・鍋島直正を題材にした大河ドラマ「誘致」への取り組みを要請した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加