準々決勝・基山-塩田 5回表基山無死三塁、2番黒川健太の適時打で三走副島颯太が生還、2-1と勝ち越す=みどりの森県営球場

準々決勝・基山-塩田 5回表基山無死三塁、勝ち越し打を放ち、拳を突き上げる2番黒川健太=みどりの森県営球場

 第19回プロ野球県人会ドリーム旗争奪中学生軟式野球大会(佐賀県出身プロ野球県人会・佐賀新聞社主催)第5日は12日、佐賀市のみどりの森県営球場で準々決勝残り2試合があり、城西・川副と基山が4強に進んだ。

 城西・川副は二回、8番川副と1番小柳の適時打などで3点を奪い、白石を3│1で破った。基山は五回、2番黒川の適時打で勝ち越し、六回に2点を加えて塩田を4│1で下した。

 第6日は18日、同球場で諸富-千代田(午前9時)、城西・川副-基山(同11時)の準決勝2試合がある。

 ▽準々決勝

白 石  0000001-1

城西・川副030000×-3

基 山  0010120-4

塩 田  0001000-1

このエントリーをはてなブックマークに追加