船上で徳永重昭組合長(右)の説明に耳を傾ける斎藤農相(左)。中央は山口知事=鹿島市七浦沖のノリ漁場

 有明海再生に関連し、斎藤健農相は13日、就任後初めて佐賀、長崎両県を訪れ、ノリ養殖の漁場や諫早湾干拓の農地を視察し、両県知事や漁業者、営農者らと意見交換した。国は今年4月、排水門の開門調査を実施しない方針を明確にしており、斎藤農相は改めて開門せず100億円の基金による和解を目指していく方針を強調した。

 斎藤農相は佐賀県の山口祥義知事らと藤津郡太良町の漁港から乗船。鹿島市沖でノリ網を一枚ずつ展開する作業を見学し、ノリの色落ち被害や魚介類の漁獲量減少について説明を受けた。沖合では赤潮が広がり、「これはひどいね」と発言する場面もあったという。

 県有明海漁協南川副支所では、ノリ漁と漁船漁業を営む漁業者とも意見を交わした。農相は有明海再生に取り組む姿勢を示した上で、開門問題に触れ「中ぶらりんの状態が未来永劫(えいごう)続いていいのか。どこかで解決しないといけない」と指摘し、「開門によらない基金による和解を、皆さんと協力しながら実現していきたい」と理解を求めた。

 会談後、山口知事は「有明海を再生しなくてはならないという思いは共有できた」と語った。佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画関連では、「かねてから国全体として受け止めてほしいと申し上げており、その話はしなかった」と述べた。

 斎藤農相の視察は8月に山口知事から要望、台風や総選挙で延期していた。歴代農相は2010年の開門確定判決以降、視察時は勝訴原告や弁護団と直接面会してきたが、今回は時間的な都合を理由に見送った。

 諫早湾の干拓地視察で長崎県の中村法道知事は「国の姿勢を改めて確認できた。地元としても協力していきたい」と話す一方、「開門派にもさまざまな思いがある。いかに話し合いを続け、溝を埋めていくかということではないか」と国に丁寧な対応を促した。

このエントリーをはてなブックマークに追加