独身男女に九州・山口への移住を呼び掛ける山口祥義知事=12日、東京・渋谷のヒカリエホール

 九州・沖縄、山口の9県は12日、東京都内で初めて連携して婚活、移住支援イベントを開いた。独身の男女約140人が各県の魅力をアピールするワークショップなどを通し、交流を深めた。

 9県知事と経済団体で構成する九州戦略会議が主催した。佐賀県の山口祥義知事がチームリーダーとなって作成した動画「知事が妊婦に。」に次ぐ、第2弾として企画した。

 会場には山口知事も駆け付け、「都会はまちが主役だが、九州は人が主役。都会を歩く自分をおしゃれと思うか、それとも自分が主人公になって九州で変化の毎日を送るのか。一歩踏み出す勇気を持ってほしい」と呼び掛けた。

 イベントでは、佐賀のりやゴーヤー、チキン南蛮など9県の目玉食材を使ったロールケーキを味わいながら、各県の魅力を大きな地図に書き込むワークショップに挑戦した。佐賀県チームは有田焼や嬉野温泉、鹿島ガタリンピックをアピールした。看護専門学校に通う吉野ヶ里町出身の女性(30)は「東京では九州の友達ができないので、いい出会いがあれば。いずれは福岡か佐賀、どちらかで仕事をしたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加