清掃ボランティアを行う佐電工の職員=佐賀市金立町の佐賀整肢学園こども発達医療センター(提供)

 佐電工(杉町慶治社長、佐賀市)は6日、佐賀市金立町の佐賀整肢学園こども発達医療センター(窪田秀明センター長)で清掃ボランティアを行った。手の行き届きにくい箇所の清掃に、利用者や職員から喜びの声が上がった。

 この日は、佐電工の職員10人が同施設を訪れた。職員は1階病棟の天井に付いた全ての換気扇を3時間かけて清掃した。職員はホコリが舞わないように、換気扇の周囲を大きなビニール袋で覆って作業した。

 同施設の大島京子看護部長は「換気扇の掃除は、なかなか手を付けることができない。これから風邪がはやるため助かった」と感謝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加