書家・江島史織さんが書いた「夢」(下)の背景に桜と校舎を描いたモザイクアート(上)=佐賀市の金泉中学校

 佐賀市久保泉町の金泉中(宮地洋州校長、192人)の文化発表会で、書家・江島史織さんの書とコラボレートしたモザイクアート作品が披露された。制作を手掛けた3年生67人は、東京を拠点に多方面で活躍する同校の卒業生との“共演”を喜んだ。

 2日にあった文化発表会で展示された。1998年に同校を巣立った江島さんは、8月に帰省した際に母校の生徒へのメッセージとして「夢」と記した書を寄贈した。授業時間や放課後を使ってモザイクアートの制作活動に取り組んだ3年生には、完成当日まで、江島さんの書とのコラボアートに仕上がることは知らされていなかったという。

 作品の制作を指揮した岡田恵奈さん(15)は「江島さんの書体の味と合う作品ができた。第一志望の高校に合格できるよう頑張ります」と先輩からのエールに応えていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加