世界遺産登録の応援する際に歌っていた曲を披露するはなわさん=佐賀市の三重津海軍所跡

 来年3月から始まる「肥前さが幕末維新博覧会」のプレイベント「さが三重津祭2017」が12日、佐賀市の三重津海軍所跡であった。農産物や地元の食材を使った菓子などが並んだほか、佐賀市プロモーション大使のはなわさんがトークライブを行い、会場を盛り上げた。

 トークイベントではなわさんは、同跡が世界遺産登録されるのを応援しようと、ヒット曲「佐賀県」の歌詞に三重津を取り込み、歌ってきたことを紹介。「世界遺産に登録になってうれしい。歌ってきたかいがあった」と喜びを語った。

 実際にその歌を披露する際には、「しばらく歌っていないので」と照れながらも、ノリノリで歌った。

 ステージでは、新たに6次産業化特産品として佐賀市が認定した6商品を紹介。試食などが行われた。

このエントリーをはてなブックマークに追加