西野さんの絵本「えんとつ町のプペル」や

 先日、「公共図書館では文庫本の貸し出しを中止してほしい」という、文藝春秋社・松井社長の発言の記事が大きな波紋を呼びました。「出版不況のため文庫本の売り上げも減少、そのため図書館で貸し出さないで」というものでした。

 これに異議を唱え、人気芸人・キングコングの西野亮廣さんは、自著である『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』(幻冬舎)を全国の図書館に寄贈しました。「図書館で貸し出しを停止したら、果たして売り上げが伸びるのか?」という大きな実験でもあるのです。

 公共図書館は、多種多様な資料を選び、そのまちに多くの読者を増やし、知的活力のある市民を支援しています。その市民の知的要求に応えることこそが、「公共図書館が日本の出版文化を支えている」と考える大きな要因です。

 公共図書館は、今までも、これからも、作家や出版社、そしてまちの書店と、“共存共栄”の関係を築いていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加