斎藤健農相は13日、長崎県の国営諫早湾干拓事業の開門問題に関連し、同県諫早市の干拓地を就任後初めて視察する。長崎県側は、干拓事業の営農や防災の効果などについて改めて説明したい考え。県は干拓事業を巡る訴訟で、堤防排水門の開門差し止め判決の早期確定を求めている。

 政府が今年4月、堤防排水門を開けない方針を示してから初の現地訪問。斎藤氏は午後、有明海の漁業環境悪化を理由に開門を要求している佐賀県側も訪れる。

 斎藤氏は、干拓地視察後、諫早市内で中村法道長崎県知事や干拓営農者、地元漁業者らと、防災効果や営農状況、国の漁業振興などに関し意見交換。

 開門を巡る訴訟で国は、漁業者との和解を目指して漁業振興のための100億円の基金案を提示したが、理解が得られず協議が決裂。しかし農林水産省は「状況を打開し理解を得たい」として来年度予算に基金を概算要求している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加