第46回日本男子ソフトボール決勝トーナメント第1日は11日、栃木県の足利市総合運動場硬式野球場で1回戦4試合があった。西日本リーグ10勝6敗の4位で決勝トーナメントに進んだ前年覇者のダイワアクト(佐賀市)は、東日本リーグ1位のトヨタ自動車(愛知県)に0-2で敗れた。

 ダイワアクトは主戦のアンドリュー・カークパトリックを中心に2年連続5度目の優勝を目指したが、この日は打線が振るわず、あと一歩及ばなかった。

 最終日は12日、同会場で準決勝と決勝がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加