佐賀は好き?嫌い?

佐賀-台北便就航記念式典でテープカットした山口祥義知事(前列左から3人目)とタイガーエア台湾の張鴻鐘董事長(同2人目)=6月、佐賀空港

 佐賀を「好き」と答えた人は、68・7%で、前回から10・1ポイント増えた。「どちらかといえば好き」は20・4%で2・4ポイント減ったが、好意的評価は89・1%に上った。「嫌い」「どちらかといえば嫌い」の否定的評価は計2・5%で、前回から2・5ポイント下がった。

 好きな理由は「災害が少ない」が38・3%で最も多く、「自然が豊か」36・7%、「治安がよい」14・0%が続いた。上位2項目は横ばいだが、治安の良さを評価する声は伸びている。

 県内では5月に唐津市鎮西町の名護屋港で金塊密輸が発覚し全国的なニュースとなったが、殺人や強盗など重要犯罪は減少傾向にあり、実生活の中では安全安心を感じているようだ。

 嫌いな理由は「教育・文化水準に不満がある」が31・3%で一番多く、「娯楽・レジャー施設が少ない」、「働ける場所が少ない」がともに25・0%で続いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加