支持政党

 支持政党は自民党が40.2%と最も多い。立憲民主党16.2%、希望の党7.3%と新党勢が続く。10月の衆院選終盤に佐賀新聞社が実施した世論調査と比べると、自民、希望は減少し、「3.2%」だった立憲民主が大きく躍進している。

 このほか、公明党5.2%、日本維新の会1.5%、社民党1.5%、民進党1.3%、共産党1.1%。支持する政党がない無党派層は20.5%だった。

 いずれの年代でも自民が最も支持を集め、20代では7割を超えた。立憲民主は60代で25.0%と多い。市町別でも自民がほとんどトップ。立憲民主は鳥栖、武雄、鹿島市などで、希望は小城、嬉野市で2割台に達している。

 職業別に見ると、農林漁業や団体職員、学生などで自民の支持率が特に高い。公務員は立憲民主が32.1%を占め、各職業の中で自民を唯一上回った。

このエントリーをはてなブックマークに追加