スタート直後から飛び出す多久中央の1区園田勢=白石町のふくどみマイランド公園コース

 男子第54回・女子第30回県中学校駅伝競走大会は10日、杵島郡白石町のふくどみマイランド公園コースであり、男子(6区間20キロ)は多久中央が1時間4分45秒で4年ぶり2度目の優勝を果たした。女子(5区間12キロ)は鹿島西部が42分47秒で2年ぶり7度目の栄冠をつかんだ。

 男子の多久中央は1区でエースの園田勢が抜けだして独走。2位は啓成で3位に小城が入った。女子の鹿島西部は2区峰松翠が先頭を奪い、リードを広げてゴール。2位嬉野、3位有明と続いた。

 男女の優勝校は12月17日に滋賀県である全国大会に、上位2校は11月25日に福岡県嘉麻市である九州大会に出場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加