スタート直後から飛び出す多久中央の1区園田勢=白石町のふくどみマイランド公園コース

■九州一のスピード

 序盤から風を切り、トップを独走した。男子の多久中央は、夏の九州中学大会3000メートルの王者で1区4キロを任された園田勢が区間賞の快走。流れに乗ったチームは最後まで一度も先頭を譲らなかった。矢川範昭監督は「勝ちたいという気持ちを強く持ち、一丸となって走ってくれた」と選手をたたえた。

 園田は直線コースを折り返すまでは向かい風でペースが上がらなかったが、1キロ付近で他校を突き放して独走態勢に。「チームのためにベストを尽くす」と2位城東に28秒差をつけてたすきをつないだ。

 園田は中学1年の夏までバレーボール部だったが、矢川監督に勧められて陸上に転身。多久中央、多久東部の仲間と一緒に総合型地域スポーツクラブ「多久スポーツピア」で走りを磨き、九州のトップランナーに成長した。

 この日はエースの責任を果たしたものの、1区を目標タイムより22秒下回った。「九州や全国では今日より速く走らなきゃ」と園田。大舞台へ向けて気を引き締めた。

 

■男子成績

 (1)多久中央(園田勢、副島伊蔵、津藤瑞希、宮原稔季、岸川翔吾、諸田雄生)1時間4分45秒(2)啓成(田中廉、溝上賢伸、坂本大樹、松尾宥汰、川尻蒼生、山口大雅)1時間5分35秒(3)小城(北島孝亮、山田唯斗、山崎雄允、北島輝、久本竜輝、平田優史)1時間5分42秒(4)白石1時間6分8秒(5)玄海みらい1時間6分58秒(6)七山1時間7分19秒(7)神埼1時間7分25秒(8)有田1時間7分29秒(9)嬉野1時間7分38秒(10)浜玉1時間8分10秒(11)鳥栖1時間8分14秒(12)成章1時間8分19秒(13)鹿島西部1時間8分25秒(14)城東1時間8分56秒(15)昭栄1時間9分33秒(16)山内1時間9分54秒(17)唐津東1時間10分4秒(18)田代1時間10分18秒(19)中原1時間10分18秒(20)武雄1時間10分18秒(21)大和1時間11分25秒(22)三田川1時間12分38秒(23)北茂安1時間13分9秒

 【区間賞】1区4キロ 園田勢(多久中央)12分12秒▽2区3キロ 溝上賢伸(啓成)9分23秒▽3区3キロ 山崎雄允(小城)9分45秒▽4区3キロ 田中雄大(白石)9分42秒▽5区3キロ 岸川翔吾(多久中央)9分58秒▽6区4キロ 諸田雄生(多久中央)12分49秒

このエントリーをはてなブックマークに追加