希望の党共同代表選の敗戦後、記者団の質問に答える大串博志衆院議員=東京・永田町の憲政記念館

 希望の党共同代表選に敗れた大串博志衆院議員(佐賀2区)は10日、野党連携や小池百合子代表との距離感といった基本路線で激しく対立した選挙戦を振り返り、「舌の根も乾かないうちに離党しない。一兵卒として支えるが、自己研鑽(けんさん)の時間が必要だ」と語った。仮に打診された場合でも要職に就かず、玉木執行部と距離を取る考えを示した。

 得票は玉木雄一郎氏39票に対し、14票と大差をつけられた。大串氏は「それなりに同じ考えの議員がいたことを玉木氏にも受け止めていただき、党運営を頑張ってほしい」と述べた。今後、党内会議でも「自分の考えは申し上げていきたい」と強調した。

 「主張を丸めてまで代表になろうとしたわけではない」。開票後、大串氏は胸の内を明かした。安倍政権を倒すため、他野党とも統一会派を含めて連携を目指す-。民進回帰ともとれる主張に支持は広がらなかったが、「希望の党の路線にとどまらず、自公政権打倒に向けて野党かくあるべしという発信の起点にしたかった」と吐露した。

 これまで政策通としてベテラン議員から重宝されてきたが、実務家のイメージが強く、発進力は未知数だった。選対本部長を務めた山井和則衆院議員(比例近畿)は「大串という素晴らしい政治家がいることを知らしめる大きな一歩になった」と語った。

 大串氏が衆院選前まで所属していた民進党佐賀県連の園田泰郎代表代行は「小池路線の踏襲に対し、安倍政権に対抗するために野党の連携の重要性を打ち出したことは大いに意義があった」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加