タブレット端末にインストールしたアプリで演奏する「iPadオーケストラ」のメンバー=基山町の老人保健施設「あおぞら」

 タブレット端末を使って演奏する「iPadオーケストラ」(樋口正彦団長)のコンサートが8日、基山町の老人保健施設「あおぞら」であった。入所者や通所利用者ら約70人が、iPadが織りなす演奏を楽しんだ。

 同オーケストラは基山町内外の施設慰問やイベント出演などの活動に取り組んでいる。この日はメンバー10人が参加し、iPadにインストールした楽器アプリで、フルートやマリンバ、ドラム、パーカッション、ギターなどさまざまな音色を演奏した。

 メンバーは「ふるさと」「上を向いて歩こう」「365日の紙飛行機」など約15曲を演奏。観客には歌詞カードが配られ、演奏に合わせて歌う姿も見られた。また楽器の上に座って演奏する打楽器「カホン」の体験もあり、iPadから流れる曲に合わせてリズムを刻んだ。

 樋口団長は「演奏はまあまあの出来。お年寄りに楽しんでもらえてよかった」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加