1862(文久2)年、薩摩藩の島津久光や朝廷など公武合体派からの圧力を受け、幕府は参勤交代の縛りを緩和した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加