反原発団体の石丸初美代表(左から2人目)が玄海原発の再稼働同意撤回を求める要請書を読み上げ、副島良彦副知事に手渡した=佐賀県庁

 九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に反対する「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」など3団体は9日、県庁を訪れ、再稼働同意撤回を求める山口祥義知事宛ての要請書・質問書を提出した。

 要請書では「原発の問題はエネルギーや経済の前に命の問題。知事の再稼働同意はあまりにも無責任」として同意撤回を求めた。原子力防災・避難訓練の課題整理や対策、専門家委員会の常設化、一般から幅広く委員を募った原子力災害対策検討委員会の設置も要請した。

 裁判の会の石丸初美代表は「なぜ九電という一企業のために被ばくの恐れを受け入れないといけないのか。仕方ないでは済まない」と指摘した。

 受け取った副島良彦副知事は「原子力発電に頼らない社会をつくるという強い思いをもちつつ、現状(再稼働は)やむを得ない」と従来の見解を繰り返し、質問には文書で回答するとした。福島原発事故の被災地視察を問われると、「何らかの形で出向き、意見をうかがう機会をつくりたい」と応じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加