花粉症の最新治療法を紹介した森川郁郎院長=佐賀市のメガネのヨネザワ佐賀本店

 健康についての悩みを解決する「健康ほっとセミナー」(佐賀新聞社主催、ヨネザワ共催)が9日、ヨネザワ佐賀本店開かれた。森川耳鼻咽喉科(佐賀市)院長の森川郁郎さんが、花粉症への取り組みやすい対策や最新の治療法を紹介した。

 森川さんはスギ花粉を回避する対策として、「眼鏡をつければ、50%ほどの花粉をカットできる」と話し、外出時の眼鏡やマスクの着用を推奨した。花粉飛散の多い時は、窓や戸を閉めて、洗濯物の外干しを避けるなどの方法も紹介した。

 花粉症の有病率は年々増えていて、治療法も多岐にわたるという。森川さんは「食べて治す機能性食品や、花粉の飛ばないスギの植林、スギ花粉症ワクチンなどが開発されている」と今後期待できる花粉症対策についても言及した。

このエントリーをはてなブックマークに追加