日本国憲法を擬人化して憲法の本質を風刺する一人芝居「憲法くん」などで知られるコメディアン松元ヒロさんが12日午後2時から、唐津市文化体育館で中学生以上に向けたソロライブを行う。世相を笑い飛ばしながら、社会問題の本質に鋭く迫る。

 松元さんは、1988年に政治風刺をコントで見せる「ザ・ニュースペーパー」の結成に参加し、現在はソロで活動している。原発や集団的自衛権などのテーマを分かりやすく取り込み、政治や社会を笑い飛ばす。「憲法くん」では、護憲の立場から憲法のありように言及。憲法前文を暗唱し社会的意味を熱く訴える。

 ライブは中高生以上が対象。主催する「松元ヒロを観る会」事務局の永江忠之さん(72)は「改憲論議が注目される今だからこそ、子どもたちに憲法の意味を知ってもらい、自分のこととして考えてほしい」と来場を呼び掛けている。

 入場料は一般1500円(当日2千円)、中高生500円(当日も)。問い合わせは事務局、電話090(7390)0071。11日午後7時半から佐賀市のアバンセでも、佐賀子ども劇場が11月例会として開くが、同劇場への入会が必要。問い合わせは佐賀子ども劇場、電話0952(23)6797。

このエントリーをはてなブックマークに追加