佐賀大学附属図書館が所蔵する、幕末佐賀の関連資料を並べた展示「佐賀(佐嘉)を知る!」=佐賀市の同図書館

 佐賀大学附属図書館は、所蔵する幕末佐賀の関連資料を並べた展示「佐賀(佐嘉)を知る!」を開いている。「戊辰戦争戦況図」や鍋島直大の和歌など、貴重な資料が並ぶ。16日まで。

 同図書館は毎年11月を「図書館月間」と位置付け、市民向けの講演会や展示を実施している。今回の展示は、来年が明治維新150年であることからテーマに設定。同図書館が所蔵する「小城鍋島文庫」と「市場直次郎コレクション」から厳選した資料を展示した。「戊辰戦争戦況図」は、小城藩が出兵した秋田藩領域を中心とした戦況を記している。また、戊辰戦争で佐賀藩兵の指揮を執った佐賀藩11代藩主鍋島直大の和歌なども並ぶ。各展示品には、参考資料や解説文が添えられている。

 また、展示コーナーそばには、幕末佐賀などについて書かれた関連の書物も並ぶ。

このエントリーをはてなブックマークに追加