多久市ワーキングサポートセンターを管理運営するNPO法人価値創造プラットフォームは、センター内の商業用コンテナハウスを使ったチャレンジショップの出店者を募集している。JR多久駅前の中心市街地に位置し、「まちのにぎわいの創出に貢献できるサービスを仕掛けてほしい」と意欲のある起業家を募っている。

 募集しているのは広さ約14平方メートルのコンテナ1区画で、空調や無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」などを完備。事業期間は12月1日から来年3月31日までの4カ月間で、最長1年間まで延長できる。使用料は月1万2090円。光熱費など運営費は出店者負担となる。

 市のチャレンジショップ運営補助事業で、広告宣伝費(最大5万円)の半額を補助する。専門機関の経営指導も受けられる。希望者は所定の申請書や収支計画書などを添えて20日までに申し込む。書類選考後、プレゼンテーションなどを開いて出店者を決める。

 コンテナの外観や図面などは市のホームページで確認できる。問い合わせは市ワーキングサポートセンター、電話0952(37)1323。

このエントリーをはてなブックマークに追加