内閣府は7日、自治体の地域活性化策に寄付した企業の税負担を軽くする「企業版ふるさと納税」の対象事業として、3府県と、28市町村(21道府県)の計31件を認定したと発表した。本年度の認定は2回目。

 主な事業をみると、鳥栖市は、ゲーム企画開発会社「Cygames(サイゲームス)」(東京)から、サッカーJリーグ1部「サガン鳥栖」の本拠地ベストアメニティスタジアムの改修工事費用として、3年間で計6億8600万円の寄付を受ける。

 青森県十和田市は、星野リゾートグループの2社から、冬場に奥入瀬渓流を訪れる観光客を増やす整備事業として3年間で計6千万円を寄付してもらう。

 企業は本社所在地以外の自治体に寄付すると、寄付額の約6割が法人事業税などから差し引かれる。大都市への税収の偏りを是正する狙いがあり、東京都や23区など税収の多い一部自治体は寄付を受けられない。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加