「今後も安全運行を心掛けたい」と話す椎葉祐二・内田運輸佐賀営業所長=伊万里市

「安全がおろそかにならないよう気を配りたい」と話す岸川雅也・西松浦通運佐賀営業所長=佐賀市

 西松浦通運佐賀営業所(佐賀市)と内田運輸佐賀営業所(伊万里市)が、優良トラック事業者を顕彰する本年度の九州運輸局長表彰を受けた。交通安全につながる業務の工夫や法令順守の取り組みが評価された。

 西松浦通運佐賀営業所は大型トラック7台すべてに速度、走行時間などを記録する運行記録計を装備するなど安全運行を徹底している。岸川雅也所長は「受注競争は厳しいが、コスト重視で安全がおろそかにならないように気を配っていきたい」と抱負を述べた。

 高圧ガスの配送が主力の内田運輸佐賀営業所は、事故時の通報体制を確立。運転技術の向上を図るコンテストや講習会も独自に開いており、椎葉祐二所長は「全ドライバーの意思統一を図り、無事故、無違反につなげたい」と話した。

 表彰は、交通安全対策に取り組む事業者に与えられる「Gマーク」を10年以上取得していることなどが条件。九州7県から18事業所が選ばれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加