1日付に唐津くんちの特集紙面を掲載した。14台の曳山(やま)は江戸時代に9台、明治に入って5台が作られている。来年は明治維新から150年。曳山の製作史と日本の転換点との重なりを書けないか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加