紅色の花を咲かせ、見頃を迎えた赤ソバ=神埼市郡の吉野ケ里歴史公園

 吉野ケ里歴史公園(佐賀県神埼市郡)で赤ソバが花を咲かせている。青く澄んだ秋空や脊振の山並みを背景に、紅色のじゅうたんを敷いたような景色が広がり、来場者を和ませている。

 「高嶺ルビーネオ」という観賞用の品種を、公園北側の「祭りの広場」の約1万平方メートルで栽培している。このうちの約4千平方メートルは時期をずらして育てている。国の名勝に指定されている九年庵(神埼市)の15日からの一般公開に合わせており、今月中旬まで彩りを楽しむことができる。

 友人3人と卒業旅行で訪れた大学生の髙野恵さん(24)=富山県=は「花が一面に咲いていて圧倒された。いい思い出になった」と満足そうだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加