神埼市は、近代西洋医学発展の礎を築き上げた伊東玄朴(1800~71年)の記念館整備のための寄付を、個人や団体から募っている。目標金額は1億円で、市政策推進室は「医学分野ではトップクラスの功績を残した人物。一人でも多くの人に知ってもらいたいので、協力してほしい」と呼び掛ける。

 記念館は、玄朴の生誕220周年となる2020年までに建設を目指す。募金の目的は、玄朴の業績を顕彰する拠点「伊東玄朴記念館」の整備資金や記念館の運営費、展示する資料などの整備費などに充てる。

 建設場所は、神埼町仁比山にある玄朴の旧宅(県史跡)付近を予定。玄朴の業績を記す史料や佐賀藩の医学史を展示、小中学生向けの研修スペースも設ける。

 寄付は個人が一口5千円、法人・団体は一口5万円。寄付金の振り込み方法は、神埼市役所本庁は政策推進室、千代田支所と脊振支所は総合窓口で受け付ける。このほか、郵便振り込みと銀行振り込みも可能。

 問い合わせは、市政策推進室、電話0952(37)0153。

このエントリーをはてなブックマークに追加