佐賀共栄銀行は来年1月、江北支店(杵島郡江北町)を白石支店(同白石町)に移転統合する。業務効率化の一環で、江北支店の口座は統合後も現行のまま使うことができる。

 統合は1月22日。江北支店は同19日で営業を終了する。一つの建物で複数の店舗を営業する形態を取り、職員4人は白石支店に移る。統合後の支店数は県内20店、県外(福岡、長崎)5店になる。

 クレジットカード決済や現金自動預払機(ATM)の普及など金融サービスが多様化し、既存の金融機関では来店客数が減少傾向にある。同行は「顧客訪問や営業活動の人員を手厚くしたい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加